■女性からの返信がないときは

出会い系にせっかく会員登録したのに全く返事が来ないという悩みを抱えている男性は非常に多いです。

男性も女性もお互いに出会いを求めているのに、なぜこんなに情熱に差が生じてしまうのでしょうか。

男性から来るメールに返信できないのではなく、返信したくてもできないというのが正しいです。

その現実を知らずにメッセージを送り続けても、返信してもらえないので意味がありません。

当記事では女性が男性に返信できない理由を解説して、そのあとで返信してもらえるテクニックを解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるのでプロフィールの画像を外しても、アクティブ女性覧にログインした女性がのるのですが、そこから男性からメッセージが送られてくるそうです。

出会い系サイトでは完全に女性が売り手市場になっています。

もしあなたが女性だったとして毎日50通以上もメールが届いたら、仕事終わりで付かれているのに返信しようと思うでしょうか。

一つのメールを数分で終わらせたとしても1時間以上かかる計算になります。なんの罰ゲームかと思ってしまうような作業を初対面の人に対してやるでしょうか。

私が女性だったらそんな無駄な労力を使わずに、自分のタイプの人をみつけて自分の情熱をアピールすると思います。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

女性は男性からのメールが多すぎて、単純に返信できていないと言うことです。

なので、出会い系において女性から返信してもらえる確率を上げるには、まずは女性の目にとまる必要があります。

■返信率の高いメールの書き方

出会い系サイトにおける女性の置かれた状況を考えれば、何通も雑なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●まず挨拶をする

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

好印象を持ってもらうには、自分の名前を本名で伝えると言うことがあります。

相手に本名を伝えることにより、相手に信用感を持ってもらえますし、同時に好感度ももってもらうこともできます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

そのために、先に自分の名前を知ってもらうことで、自分のことは○○ってよんでね!と伝えることができます。

●なぜその女性にメールを送ったのか

初心者の人はよくファーストメールで、プロフィールがタイプでした!みたいな簡単なメールを送ってしまいがちですが、これはだめな例です。

プロフィールのどこの部分が気になったのかを具体的に書くことによって、他の人よりも優位に立つことができますし、相手の印象にも残って返信してもらいやすくなります。

まずは相手のプロフィール項目をなめまわすようにみて、話のネタを考えましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なので、ここでは相手の心に響きそうな情報を拾って、それを話題にすることにより、相手の印象に残るようにしましょう。

もし自己紹介文から、相手の心に響くような情報を拾えなかったら、相手のプロフィールの画像をみてもアイデアを拾うことができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もし相手の自己紹介などから話のネタを拾えなかったら、相手の画像をみたときに、インスピレーションを感じた!なんてのも相手の印象に残りやすい話題になります。

●返信率を上げる方法

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

女性がわからしたらメールの内容も重みがなくてなんてことないメールだし、なんでこんなやつにメールを返信しなきゃいけないのかと思われてしまうでしょう。

また、人間というのは基本的に他人にはあまり関心がなく、自分の話を聞いてもらいたい!自分に興味を持ってもらいたい!と思っている生き物です。

つまり、すごい丁寧な文章のメールを送ることによって、相手の女性にこれだけ私のことを思ってくれているの!って思ってもらえることができます。

こういう風に相手の心に響くような心理テクニックを使うことにより、ファーストメールを返信してもらいやすくなります。

●ファーストメールは簡潔に

出会い系の使い方のテクニックなどの記事を見てみると、ファーストメールはなるべく長く書くということが書いている人がいますが、それは間違っています。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信してくれる女性よりも、スルーされる女性の方が多いでしょう。

それにすべてのメールの文章を長文のメールにしていたら、どれだけ時間が合っても書き切れないでしょう。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■メールのテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのメールのやりとりでは、以下のようなコツがあります。

どれも言われてみれば当たり前のことを書いていますが、その当たり前のことをごく自然に実践できる人が出会いの確立をあげることができます。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●丁寧な口調でメールを書く

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

そもそも一般社会常識的な礼儀の言葉遣いもできないような人は、返信もしてもらいにくくなるので、言葉遣いというのはリアルな社会でもネット社会でもとても重要です。

ですので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、丁寧な言葉使いを忘れないようにすることにより、社会常識のある人だなと思ってもらい、好感を持ってもらいやすくなるでしょう。

●コピペはしない

ファーストメールから一貫して守ってもらいたいのが、コピペメールは送らないと言うことです。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

自分に向けた情熱みたいなものが感じられないので、直感でわかるのです。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも、きっちり相手のことを考えて心を込めて文章を書きましょう。

●相手の名前を呼ぶ

相手の名前を書くことにより相手に親近感を持ってもらえるようになります。最初の数通は相手の名前を出すことにより一気に距離を縮めることができます。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●質問をする

出会い系サイトだけのテクニックではありませんが、相手に気持ちよくなってもらうには、質問のうまさが大切です。

そのためにも相手が興味を持っていそうな質問をたくさんしていくのですが、どういった質問に相手が反応するかというのが難しいのです。

次のような質問はあまりよくない質問例です。○○さんはイタリアンが好きですか?

男性側の思惑で言えば、パスタが好きです。とかえってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを想像していると思います。

この会話の流れはよくある、ありきたりすぎるパターンで、あまり面白いと思ってもらえないような内容です。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問文というのは自分の体験談を織り交ぜながら相手に質問をすることにより、イメージがわきやすいので、相手も興味をもってくれるのです。

●送信時間を一定にする

ファーストメールがおわって次のメールからになりますが、メールの文字数や送信の間隔は相手のペースに合わせると好感を持ってもらいやすいです。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他にも、相手の返信ペースをみるというのもテクニックの一つです。相手が返信が早い人だったらすぐに返信して、遅い人だったら一呼吸置くくらいがいいでしょう。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

●楽しいときにあえて中断する

お互いの情熱がつきるまでメールをやりとりする人がいますが、あまりよろしいことではありません。

なぜなら一番楽しいところはピークが過ぎてしまったので、次にメールするモチベーションがなくなってしまうからですね。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

マンネリ化を避けるためには、お互いが楽しいと感じているときにあえてメールを途切れるようにしましょう。

明日朝早く起きなきゃいけないとかもっともらしい理由を付けることにより、簡単に中断することができます。

●サイト内でのやりとりから直接やりとりに切り替える

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

ですので、この人とだったら仲を深めたいと思ってくれたら、すぐにでもラインなどを交換してくれます。

何通もやりとりしているのに、直接やりとりに移行してくれないときは、あまり自分のことに心を許してくれてないということでしょう。

女性からしたら、出会い系サイトを使うときには常に不安がつきまとっていると思います。どういう男性か対面して話すことができないわけですから。

段々仲良くなれたら仲良くなりたいけど、すぐに会いたいすぐにあってくれなんていってくる男は下心しか見えないので不信感を抱かれてしまいます。

なので、焦らずに少しずつ女性との距離感を縮めていくことが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●既婚女性

女子大生と主婦はそれぞれ違った理由でメールの返信率が高い傾向にあります。

女子大生は好奇心がたかいので、何でも経験してみようと思って返信率がたかいという結果に結びついています。

また、若い子は他人に嫌な人間だと思われたくないという気持ちが大人に比べて強い傾向があるので、そういう理由から女子大生は非常に狙い目となっています。

そして主婦ですが、主婦は需要と供給が一致しているという点があります。女性であれば誰でも異性からみられたいという欲求が強くあります。

ですが夫や家庭という存在によってちやほやされるという環境からは長年遠ざかっているため、ちょっと褒められるようなメールを送られるだけでとても嬉しく思ってくれるのです。

そもそも既婚者で旦那もいる主婦という存在が出会い系サイトに登録して利用している時点で異性をもとめているということなので、狙い目であるというのはすぐにわかります。

●ログインが遅い時間帯の人

朝7時くらいから夕方の5時まで仕事をするという一般的な人間の生活の中で21時以降というのはとてもプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな仕事終わりのせっかく大切な余暇の時間を出会い系サイトにログインして使っている女性というはどういう女性でしょうか。

もちろんそれぞれに個人的な事情があるとおもいますが、一番共通しているのは、アダルトな出会いにせよ、まじめな出会いにせよ、異性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会いを求めている女性にきちんとまじめなメールを送れば高い確率で返信が返ってくると思います。

また人間としての習性として、夜に行う行為は本能的な行動になりやすいという研究もあります。

昼の時間帯だったら、ブレーキがかかるところを、夜の行動であれば、本能的に行動してしまいやすいという特徴があります。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●共通点を探す

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、これはリアルの人間関係でも使えるテクニックですが、出会い系サイトにおいても使えるテクニックなので、共通点を見つけたらぜひ試してみましょう。

●メールテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、自分の思い通りに相手との会話を誘導するテクニックはなかなか難しいと思います。

ですが、もしそれが簡単なテクニックで誰にでも実現できるとしたら、あなたはそのテクニックをすぐにマスターできると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、相手の質問に対してすべて返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手と何通かやりとりをして、仲が深まってきたときに相手の名前を聞いたときにすぐに教えてくれるときと、まだ仲が深まっていなくて教えてくれないときもあります。

このとき、教えてくれない女性に対して、起こったりテンパったりしてしまっては、相手の女性から信用してもらえません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこの手法はビジネスシーンなどではよく使われているテクニックで、誰にでも使えるテクニックです。

●相手と仲良くなりたいという気持ち

以上のような内容はどうでしたでしょうか。出会いのいろいろなテクニックを身につけることができたと思います

ただ、ここまでいろいろな情報を紹介しておいていうのはなんですが、純粋にあなたとお話がしたい!という強い思いがあれば相手に伝わるので返信率が上がります。

それはなぜか?女性と自分の相性も千差万別ですし、文章も多様なので、このパターンがいいなんていうのはないからです。

自分の体験談で、科学的な検証をしていないのですが、自分の情熱があれば、相手もそれに答えてくれて返信してもらいやすくなります。

プライベートなアドレスに移行したら、注意したいことは、傲慢な文章を書かないことです。

直接のアドレスでやりとりをするようになったからといって、傲慢になって自信過剰なメールの文章をおくると嫌われてしまいがちですから、注意しましょう。

返信率の高いメールの書き方などは確かに存在しますが、理論ばかりを気にしていると、人間的な大切な部分がおろそかになりがちですから、謙虚な姿勢を貫きましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる好意だからこそ、本当に出会いたいと思いますし、いざ出会ったときに幸せなひとときを過ごせると思います。